やましたひでこ 断捨離

やましたひでこさんの断捨離

やましたひでこ 断捨離

今、図書館に来ているのですが、なんとやましたひでこさんの記事をアエラ2014年3月号にて発見しました。
ちょうど、大注目中の方だったんです!
やましたひでこさんは、断捨離という言葉を作った方で、いくつか本も出しています。
代表作は「新・片付け術断捨離」という本。
私も呼んだことがあるのですが、かなり参考になりました。

 

そんなやましたひでこさんのご自宅が掲載されていたのです。
ご自宅は石川県能美市です。
やましたさんは、ご自宅の収納に関して「7:5:1の法則」にしたがって、整理整頓をされているそうです。
7:5:1とは、見えない収納:見える収納:みせる収納の割合なんだとか。
見えない収納が7もあるから、きっとシンプルな生活空間になっているんでしょうね。
我が家では、見えない収納はおおよそ5割くらいでしょうか。
あまり、棚がないので、どうしても、見えてしまうんです。
本当は棚などを買ってもいいかなって思っているんですが、それはそれでまた部屋が狭くなってしまうそうで嫌なんですよね。
こんなわがままなことを言っているから、家が片付かないのかもしれません。
今回の、山下さんの収納の記事はかなり参考になりました。
私も、やましたさんのように、見える収納、見せる収納も意識して、片付けをしてみたいと思いました。

 

>>断捨離ならブランディアの無料査定